teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL



末法の時代

 投稿者:魔界創立者団体会長川窪正樹=南無妙法蓮華経海の李白  投稿日:2015年 1月28日(水)12時02分21秒
  末法の時代は人類が滅びると言う預言者が顕れ
仏と魔が勝負を永久=永遠に行う時代を

末法の時代と言います、

世紀末予備時代はおまけの時代楽しみの時代です、法華経の教えは正しい教えで

他宗教は間違った教えです
世界の芸能人殿の創価学会員である

人生を楽しみなさい

人類を一瞬に下手物=狂心にするは核兵器です
核兵器は感情も通わない第六天の魔王です

私南無妙法蓮華経川窪正樹魔界創立者団体会長

元麻薬王=見て守る魔主人闇将軍取る取るは
闇入りです
 
 

山下殿へ

 投稿者:小聖人川窪正樹海李白福沢諭吉  投稿日:2012年 1月23日(月)03時45分1秒
  悪い教えは魂を精神にしている事です、私は霊=精神と身体と同じとし
常に一体である事を貫く決意です、

魂は良き出来事では神の働きの仕業とし悪き事にはもののけ妖怪の仕業としています
霊魂ですが、身体と一体で、魔ではありません、

魔とは人を食い物にしている仕事についての働き、成仏させまいとする働きの事
煩悩もその成仏をさすまいとする働きです、

怒りも煩悩です、しかし阿修羅は、天帝の退治され、他界してあの世に居ます
悪人が怒りを持つは阿修羅が魔界、あの世にいる為

悪人、害人、醜人も魔界に居ると言う事ですね、
魔界とは簡単に言うと性行為の境涯の道です、快楽の道です、

その道に悪魔が住み生活をし人を貪るのです、       終わり

http://n

 

川窪さんとの対論は終了しました。

 投稿者:やまさん40@山下  投稿日:2010年 3月10日(水)20時04分52秒
  2/14 告知済み

川窪正樹さんから、2月24日までに、
削除する6投稿の連絡
および
川窪正樹(末法の救世主)が説いた妙法と、
南無妙法蓮華経の御本尊(主・親)を御図顕あそばされた日蓮大聖人と、
池田大作氏(師)の関係
についての説明が示されませんでしたので、
残念ですが川窪さんとの対論は終了とさせていただきます。

本尊に迷い、悩乱の結果として
頭破七分の悪報に苛まれた創価学会員の支離滅裂さに、
邪宗教・創価学会の害毒の恐ろしさと罪の深さを
あらためて認識させられた次第です。
 

法律

 投稿者:川窪正樹日蓮  投稿日:2010年 2月27日(土)11時01分43秒
  勝手ながら命や身体を
法律にさせてもらった

法律も見て守る働きである
 

ここは感情論を論ずる場ではありません

 投稿者:やまさん40@山下  投稿日:2010年 2月14日(日)20時23分25秒
  さて、あなたは1月20日の投稿で、
>私川窪正樹はここで論争するつもりはありません
と、ご自分でこれ以上の法論の放棄を宣言なさって後に、
>私川窪正樹の宗教は私川窪正樹日蓮大聖人が説いた妙法である
と、あなたの意見を締め括ったのですから、
すでにその時点で法論は終了しています。

また当館では、一方の投稿は三連投までとする
というルールを設けさせていただいております。

もしあなたがこの場で法論を続行されるつもりであれば
2月10日以降の9連投のうち6投稿を削除いたしますので
どの投稿を削除するかを決めてからお知らせください。
(違反分の6投稿の削除が済むまでは、投稿者からの編集および削除はできません。)



ところで川窪さんは、2月10日16時01分の投稿の中で
>御本尊は大宇宙であり親であり師匠池田大作氏であり主人である
と述べて、
川窪正樹にとって、御本尊は主人であり親であり大宇宙であって、師匠は池田大作氏である
という池田創価学会と似かよった本尊観と三徳の定義を示しています。
どうやら、川窪正樹の宗教なるものの所詮は、
池田創価教の亜流に過ぎないということのようですね。

また、あなたは先ほど挙げたように
>私川窪正樹日蓮大聖人が説いた妙法
とも述べています。
川窪さんが、ここでの法論を続けられる意志をお持ちでしたら、
・川窪正樹(末法の救世主)が説いた妙法と、
・南無妙法蓮華経の御本尊(主・親)を御図顕あそばされた日蓮大聖人と、
・池田大作氏(師)の関係
をご説明ください。


本日から10日後の2月24日までに、
削除する6投稿のご連絡 および 上記関係性についての説明がなされない場合には
川窪さんとの法論は終了とさせていただきますのでご了承ください。
 

山下殿へ

 投稿者:川窪正樹日蓮  投稿日:2010年 2月12日(金)13時28分49秒
  命や身体が悪魔で
心や精神や霊魂で
神仏であるとは
物語りの上の方便です
命や身体を大切に
せず自分が仏道の為
に尽くすかえりみない
覚悟で前進すること
御本尊の掲示板に
書き込みはいけない
のですか失恋霧
山下殿へ
 

不惜身命

 投稿者:川窪正樹  投稿日:2010年 2月12日(金)13時10分19秒
  命や身体は素晴らしい
働きの妨げる働きなのです例えで悪魔である
命や身を捨てて恐ろしい働きの世界である魔界へ
到達すると即素晴らしい
仏界ですつまり山下殿
私が言う事は魔と戦う
事が仏界であり
人間が如来である
私川窪正樹日蓮は出世
の本懐をいずれ到達する働きであるまだ死後に
至らない
 

山下殿へ

 投稿者:川窪正樹日蓮  投稿日:2010年 2月11日(木)14時58分21秒
  本年は報恩の時
如来に対しての
供養の年である
私日蓮は今年を
大善の年に行うことを
進めるつもりです
山下殿は今年の目標
何か
不惜身命は難しい?
命と身を捨てて戦へ
肉体が悪魔と言う
事は方便であって
真実ではない
肉体が悪魔ではなく
働きで見る事である
魔と仏表裏一体で
創価学会の人は
全て如来である
それはそれとして
命は欲望に支配され
怠情は悲惨
怠け者は悲惨である
欲望は夜叉です
御本尊を尊敬している
人間は如来である
      日蓮
 

山下殿へ

 投稿者:川窪正樹日蓮  投稿日:2010年 2月11日(木)09時53分41秒
  山下殿へ肉体は
悪魔のものと言う
うらずけは何一つ
ないが 肉体は快楽に
執着し人間の意思で
は男女関係は一筋縄
でいかない
快楽は煩悩魔に成る
それは肉体も悪魔
化けてしまう
固定観念的に悪魔は
肉体だと決めるので
はなく
肉体は出世の本懐を
遂げて 如来に成る
御本尊中心に地球は
回ってるのです
山下殿へ
 

山下殿へ

 投稿者:川窪正樹日蓮  投稿日:2010年 2月10日(水)16時10分12秒
  山下殿はいくらか
私日蓮の教えを
保ちなのです。では
私川窪正樹日蓮の
自然体は夕暮れを
 

レンタル掲示板
/19