teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ニューズレター調査動向情報提供のお願い

 投稿者:ニューズレター  投稿日:2016年 1月12日(火)09時26分6秒
返信・引用
  遼金西夏史研究会会員各位

大会で配布予定のニューズレターの制作を進めております。
これまでと同じように調査動向の分布地図を掲載予定です。
つきましては、2014年末から現在までに調査に行かれたかたは、
前号をご参照の上、1月末を目処に調査の情報を
下記までご提供ください。

sawamotom●hotmail.com(●は@です)
メールの件名は、
「ニューズレター調査動向」でお願いします。
よろしくお願い申し上げます。
 
 

漢学研究中心助成金

 投稿者:井黒忍  投稿日:2015年 4月22日(水)12時16分41秒
返信・引用
  皆さま

漢学研究中心から本研究会宛に助成金の案内が届きました。
詳細は添付ファイル(2件)をご覧ください。
 

第15回 遼金西夏史研究会大会の御案内(第二次告知)

 投稿者:鈴木宏節  投稿日:2015年 1月29日(木)13時17分4秒
返信・引用
  皆様ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

 第15回遼金西夏史研究会大会の第二次告知を差し上げます。下記の要領・日程にて開催する運びとなりましたので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

   【記】

遼金西夏史研究会 第15回大会

日程   2015年3月21日(土曜)・22日(日曜)

場所   大阪大学 豊中キャンパス 文法経済学部本館2階 大会議室(大阪府豊中市待兼山町1-5)

大阪大学 豊中キャンパス へのアクセス ⇒ http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access


大会プログラム

◇2015年3月21日(土曜)

 12時30分~ 開場・受付開始

 13時00分~ 開会・事務連絡

 13時20分~

   ○ 廣瀬 憲雄 (愛知大学)

     六~十三世紀における致書文書の再検討 ??致書・奉書・献書・裁書・上書??

   ○ 荒川 慎太郎 (東京外国語大学)

     西夏文『金剛経纂』の成立過程について

   ○ 佐藤 貴保 (盛岡大学)

     カラホト出土文献から見た13世紀初頭の西夏の動向

   ○ 洪 性珉 (早稲田大学)

     遼宋増幣交渉とその歴史的意義

   ○ 森本 創 (明治大学)

     西夏・金・南宋統治下の吐蕃諸族

  総会・アピールタイム

  懇親会(別会場)


◇2015年3月22日(日曜)

 9時00分~

   ○ 山根 直生 (福岡大学)

     五代洛陽の張全義勢力について ??『沙陀系王朝』論への応答として??

   ○ 鈴木 宏節 (大阪大学)

     ゴビの防人

   ○ 赤羽目 匡由 (首都大学東京)

     『類聚国史』所載の所謂「渤海沿革記事」の史料的性格について

  事務局連絡 閉会挨拶

 (12時頃終了予定)


宿泊・懇親会

 宿泊先については各自で検討していただくことになります。連休であるため、早めに予約しておくことをおすすめいたします。
 21日晩は、大阪大学近辺(阪急電鉄「石橋駅」周辺)での懇親会を予定しております(後日、詳細をお知らせします)。


参加方法・申し込み

 参加の申し込みを渡辺健哉宛( dubian6028■gmail.com [■を @ に置き換えてください])にお願いします。メールの件名を「遼金西夏史研究会出欠」とし、下記のシートをコピーして参加予定日と懇親会の出席についてお知らせください。懇親会会場予約の都合もありますので、3月13日(金)までに必ず申し込みいただきますよう、お願い申し上げます。

※所属する研究室や機関、また興味のあるご友人の方へも、大会のことをご紹介いただければ幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出席シート

下記の項目をご記入の上、メールにコピーしてお送りください。

1)参加者氏名

所属:

名前:

メールアドレス:

2)大会・総会参加予定

第15回遼金西夏史研究会大会に

出席します (全日程出席・3月21日のみ出席・3月22日のみ出席・その他)

欠席します

3)懇親会

出席します

欠席します

4)その他連絡事項等があれば、ご記入下さい。

http://liaojinxixia.web.fc2.com/congres.html

 

ニューズレター

 投稿者:編集委員  投稿日:2014年11月10日(月)10時10分47秒
返信・引用
  遼金西夏史研究会会員各位

秋深まる時季如何お過ごしでしょうか。
そろそろ大会のころに配布予定のニューズレターの制作を進めます。
これまでと同じように調査動向の分布地図を掲載予定です。
つきましては、2013年末から現在までに調査に行かれたかたは、
前号をご参照の上、11月26日までに調査の情報を
下記までご提供ください。

sawamotom●hotmail.com(●は@です)
メールの件名は、
「ニューズレター調査動向」でお願いします。
ご寄稿も歓迎します。忘備録のような断片的なものでも結構です。
よろしくお願い申し上げます。
 

第14回 遼金西夏史研究会大会の御案内(第二次告知)

 投稿者:鈴木宏節  投稿日:2014年 1月20日(月)09時03分40秒
返信・引用 編集済
   大寒の候、皆様ますます御健勝のことと御慶び申し上げます。

 第14回遼金西夏史研究会大会の第二次告知を差し上げます。下記の要領・日程にて開催する運びとなりましたので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

   【記】

 遼金西夏史研究会 第14回大会

日 程   2014年3月22日(土)・23日(日)

場 所   東北大学 川内キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内41)

   ※ 東北大学の周辺にはお店はございません。

    昼食等はあらかじめ済ませて御来会くださいますことをお勧め致します。

    東北大学川内キャンパスへのアクセス ⇒ http://www.sal.tohoku.ac.jp/map.html

      ・ホテル 茂庭荘(宮城県仙台市太白区茂庭字人来田西143-3)

       ホテル茂庭荘へのアクセス ⇒ http://www.moniwasou.jp/access/index.html


大会プログラム

2014年3月22日(土曜)

 12時30分~ 開場・受付開始

 13時00分~ 開会・事務連絡

 13時20分~

  ○ 毛利英介(京都大学) 遼代武威石氏関連史料簡介(仮)

  ○ 松下道信(皇学館大学) 円明老人『上乗修真三要』について

  ○東北大学所蔵資料の紹介

   総会・アピールタイム

2014年3月23日(日曜)

  ○ 白玉冬(大阪大学) タタル部族名称の由来

  ○ 高井康典行(早稲田大学) 遼五京の呼称 ——漢語と契丹語の間——

   事務局連絡 閉会挨拶・終了


宿泊・懇親会

 今回は、合宿形式にしまして、ホテル茂庭荘に宿泊を予定しております。22日晩の懇親会は広間での宴会を予定しております。 http://www.moniwasou.jp/

 初日は東北大学で開催し、第二日目は茂庭荘の会議室で行います。

 初日は13時開始、東北大学での大会・総会終了後、バスで茂庭荘まで移動、第二日目は12時頃に終了予定で、そののち仙台駅までバスで送ります。


参加方法・申し込み

 今回は以上の状況になります。宿泊先に宿泊者の概数を知らせる必要から、事前に宿泊者の数をこちらで把握したく思います。そこで、参加予定の方は、実行委員の渡辺( kenya-watanabe〓mail.tains.tohoku.ac.jp [〓を @ に置き換えてください])までメールでお知らせください。また宿泊は2~4人部屋になります。個室を希望される方は事前にお知らせください。

 なお、飛行機で来られる方は事前に予約しておくと安くなります。

 予算は宿泊、宴会、二次会代込みで12000円(予定)です。

仙台駅までのアクセスについて

a. 東京方面からお越しになる場合(新幹線・長距離バス)

b. 関西・九州方面からお越しになる場合(飛行機・新幹線乗継・長距離バス)

  関西からは、関空を利用したLCC(ピーチ)も就航しております。

http://liaojinxixia.web.fc2.com/congres.html

 

董新林氏講演会のご案内

 投稿者:牛根靖裕  投稿日:2013年12月11日(水)13時14分12秒
返信・引用 編集済
  皆様

中央大学人文科学研究所の研究チーム「ユーラシア・アフリカ大陸における都市と宗教の比較史的研究」の公開講演会のご案内がありましたので、転載致します。

************************************************************
董新林氏講演会のご案内(中央大学人文科学研究所)

日 時: 12月18日(水)15時~18時

場 所: 中央大学多摩キャンパス2号館4階 研究所会議室2

講 師: 董 新林 氏 (中国社会科学院考古研究所教授)

講演題目: 遼上京と祖陵(遼太祖・耶律阿保機陵墓)の考古新発見

講演要旨: 遼(916-1125)は、東北アジアの遊牧狩猟地域出身の契丹人が中国大陸北部の農業地域を征服して建国した農牧複合の国家である。ユーラシア大陸東部の歴史をふりかえる時、遼は、遊牧・農業両地域を統治する体系的な行政制度を創造した点において、歴史の画期をなす国家となる。近年の遼研究を国際的に主導する董教授は、今回の講演において、自ら発掘を指導した遼の都城・上京と遼の太祖・耶律阿保機(872-926)陵墓の考古新発見をもとに、都城と王陵の関連を新たに分析する。

講演言語: 中国語(通訳あり)

懇親会: 18時~19時半 研究所会議室1
     *軽食・飲物を用意しています。今回は大学から補助がありますので参加費は無料です。

************************************************************

○中央大学多摩キャンパスへのアクセス http://www.chuo-u.ac.jp/access/tama/
○多摩モノレール 中央大学・明星大学駅下車、徒歩数分

郵便番号192-0393 東京都八王子市東中野742-1 中央大学人文科学研究所
電話042 674 3270
 

第14回遼金西夏史研究会大会第一次告知

 投稿者:鈴木宏節  投稿日:2013年10月10日(木)12時12分42秒
返信・引用
   皆様ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
第14回遼金西夏史研究会大会の第一次告知を差し上げます。下記の要領・日程にて開催する運びとなりましたので,皆様のご参加を心よりお待ちしております。


                          記

1.日時:2014年3月22日(土曜)・23日(日曜)

2.場所:東北大学・川内キャンパス/ホテル茂庭荘

3.宿泊・懇親会

 今回は、合宿形式にしまして、ホテル茂庭荘に宿泊を予定しております。22日晩の懇親会は広間での宴会を予定しております。http://www.moniwasou.jp/

4.初日は東北大学で開催し、第二日目は茂庭荘の会議室で行います。

  初日は13時開始、東北大学での大会・総会終了後、バスで茂庭荘まで移動、
  第二日目は13時頃に終了予定で、そののち仙台駅までバスで送ります。

5.参加方法・申し込み

 今回は以上の状況になります。宿泊先に宿泊者の概数を知らせる必要から、事前に宿泊者の数をこちらで把握したく思います。そこで、参加予定の方は11月末日まで、渡辺までメールでお知らせください。宿泊は2~4人部屋になります。個室を希望される方は事前にお知らせください。

 なお、飛行機で来られる方は事前に予約しておくと安くなります。

仙台駅までのアクセスについて

a.東京方面からお越しになる場合(新幹線・長距離バス)

b.関西・九州方面からお越しになる場合(飛行機・新幹線乗継・長距離バス)

関西からは、関空を利用したLCC(ピーチ)も就航しております。

6.予算は宿泊、宴会、二次会代込みで12000円(予定)です。

7.報告者の公募

 現段階で報告を希望されます方がおられましたら、10月31日までに、大会実行委員会・渡辺までご一報下さい。ただし、今回はスケジュールがタイトですので、希望者多数となりました場合には、事務局と相談して選考をさせて頂きますことを予めご了承下さい。

8.所属する研究室や機関、また興味のあるご友人の方にもこのことを教えていただければ幸いです。

 ・この案内は,前回の大会幹事より引き継いだ名簿および事務局で把握している連絡先等によってお送りしています。今後必要な案内先などがありましたら,お知らせ下さい。

==================================
文責:渡辺健哉kenya-watanabe〓mail.tains.tohoku.ac.jp【〓は@を入力】
お申し込み・お問い合わせは上記のメールアドレスにお願いします。

http://liaojinxixia.web.fc2.com/congres.html

 

訃報(ロシアから)

 投稿者:佐藤貴保  投稿日:2013年 5月27日(月)14時41分57秒
返信・引用
  5月24日、前ロシア科学アカデミー東方学研究所サンクト=ペテルブルク支部(現:東方文献研究所)長のエヴゲーニー=イヴァノーヴィチ=クチャーノフ博士が、逝去されました。

博士は、ロシアひいては世界における西夏史研究の泰斗であるとともに、前近代中央ユーラシア史を幅広く研究されてこられました(ご業績の詳細は下記サイトをご覧ください)。日本でも研究・講演活動を度々なさってこられました。

謹んで哀悼の意を表します。

http://www.orientalstudies.ru/rus/index.php?option=com_content&task=view&id=3307&Itemid=48
 

遼金西夏史研究会第13回大会 最終告知

 投稿者:鈴木宏節  投稿日:2013年 3月 1日(金)00時46分4秒
返信・引用
  遼金西夏史研究会第13回大会の御案内(最終告知)

                            遼金西夏史研究会
                             第13回大会実行委員会
                              委員長 松川 節

 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
第13回遼金西夏史研究会大会・総会の御案内を差し上げます。下記の要領・日程にて開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

                 

1.開催日程

3月23日

 12時30分~ 開場・受付開始
 13時00分~ 開会挨拶・事務連絡

 13時15分~ ―特別企画 疑似漢字研究の現状と新展開―

 13時15分~14時00分 特集報告1 [報告30分・質疑15分]
  ●荒川慎太郎氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  「故西田龍雄先生と西夏文字研究-近年のご論考から」

 14時00分~14時45分 特集報告2 [報告30分・質疑15分]
  ●聶鴻音氏(中国社会科学院人類学與民族学研究所)
  「西夏文献里的“契丹”和“女真”」
  「鄂?梭和他的《女真??》研究手稿」


 14時45分~15時00分 休憩

 15時00分~15時45分 特集報告3 [報告30分・質疑15分]
  ●吉池孝一氏(愛知県立大学)
  「『慶陵』(1953年刊)の契丹語研究 ―その先駆的な部分について―」

 15時45分~16時30分 特集報告4 [報告30分・質疑15分]
  ●武内康則氏(日本学術振興会/大谷大学)
  「漢字により音写された契丹語に関する諸問題」

 16時30分~16:40分 休憩

 16時40分~17時20分 パネルディスカッション (コーディネーター 松川節氏)

 17時20分~17時35分 アピール時間
 17時35分~18時00分 総会
 18時10分~20時30分 懇親会・情報交換

3月24日

 9時00分~ 開場・受付開始
 9時30分~10時30分 研究報告1 [報告40分・質疑20分]

  ●黒田有誌氏(龍谷大学大学院)
  「清代に於ける漢籍翻訳事業について」 *金代史料に言及の予定

 10時30分~11時30分 研究報告2 [報告40分・質疑20分]
  ●佐藤貴保氏(新潟大学)
  「西夏の官印に関する資料について ―日本・中国・ロシア所蔵のものを中心に―」

 11時30分~12時30分 昼食

 12時30分~13時30分 研究報告3 [報告40分・質疑20分]
  ●于磊氏(九州大学大学院)
  「元代後期における江南知識人の動向について -余闕とその周辺の知識人を中心に-」

 13時30分~14時30分 研究報告4 [報告40分・質疑20分]
  ●町田吉隆氏(神戸市立工業高等専門学校)
  「契丹国(遼朝)時代の城郭都市と窯業生産の関係について」

 14時30分~14時40分 休憩

 14時40分~15時40分 研究報告5 [報告40分・質疑20分]
  ●岡本優紀氏(関西大学大学院)
  「則天武后・玄宗期における奚・契丹の動向に関する一考察」

 15時40分~15時50分 事務局連絡 閉会挨拶・終了


2.場所

   大谷大学 1号館1階 1113教室(京都府京都市北区小山上総町)
    京都市営地下鉄烏丸線 北大路駅 徒歩すぐ (JR京都駅から乗車時間約13分)
     アクセス⇒http://www.otani.ac.jp/nab3mq0000004vfa.html


3.宿泊・懇親会

 宿泊先については各自で手配していただくことになります。この時期の京都市内の宿泊施設は混雑することが多く、実際に既に多くの宿泊施設が予約で埋まっているという情報などもありますので、早めの宿の手配をおすすめ致します。3月23日の懇親会は大谷大学キャンパス内で行う予定です。


4.参加申し込みについて

 参加の申し込みを武内宛(yasunori.takeuchi〓gmail.com / 〓は@を入力してください)にお願いします。メールの件名を「遼金西夏史研究会出欠」とし、下記の出席シートをコピーして、参加予定日と第1日目晩の懇親会の出欠についてもお知らせください。懇親会会場予約の都合もありますので、3月15日までに必ずお申し込みをお願い致します。

 当大会は会員でない方もご参加頂けます。関心をお持ちの方への案内周知にご協力をお願いします。
 なお、当大会へ参加される方には、資料費・会場費その他諸経費のため、会員・非会員を問わず、一律に「大会参加費」のご協力をお願いしておりますので、予めご了承ください。お支払いは当日受付にて承ります。また、大会初日の懇親会の経費は、別途必要です。

http://liaojinxixia.web.fc2.com/index.html

 

論文情報

 投稿者:佐藤貴保  投稿日:2013年 2月18日(月)19時18分18秒
返信・引用
  古松崇志先生より論文を頂戴いたしました。

古松崇志「10~13世紀多国並立時代のユーラシア(Eurasia)東方における国際関係」(『中国史学』21, pp. 113-130,2011年10月)

古松先生、ありがとうございました。

本掲示板ならびにホームページを通じて情報をお寄せくださった皆様に厚く御礼申し上げます。
 

レンタル掲示板
/19