teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


4月9日円武会空手

 投稿者:島田  投稿日:2012年 4月10日(火)16時14分15秒
返信・引用
  4月9日円武会廿日市スポーツセンター道場日誌
4月8日の広島県小学生空手道選手権は大洋、達也、大智とも入賞できなかったが決してとどかないないものであることが実感できた一日であった、大洋は形予選では21.2ポイント(3名の審判員合計)獲得あと少しとどかなかった。(ベスト10には入っている)組手も見事なカウンターが入ってポイントを取ったが技が単調になりすぎたため相手によまれていたのが敗因であろう。
達也は1回戦7-1と勝ち上がったが2回戦めに敗退した。
「勝つことには原因がないが負けることには原因がある。」といわれるように負ける原因をなくすことが勝つことにつながるので今後の稽古にいかして生きたいと思います。
さて、4月9日の稽古は始まる前に早くきた達也、大智に8日の試合の原因と対策を指導、大洋は改めて11日に指導するつもりです。
当日は新入の長谷が参加しているので移動稽古のまえに何時ものとおり四股立ちでのその場基本突きと蹴りの稽古を行った。
ここのところ、大斗の成長が現れてきており、円武会に入る前は円武会の白帯にも負けていたのが色帯らしくなりつつあります。
秀聡もかなり良くなってきて由揮と並んでいなす。
由揮は良いものを持っているが腰高になりがちです。
初心者は腰高では駄目です。
 
 

4月5日円武会空手稽古

 投稿者:島田  投稿日:2012年 4月 6日(金)16時32分46秒
返信・引用
  4月5日円武会稽古日誌
当日は佐伯区スポーツセンターにて行う練習を大野6区道場にて合同稽古を行った。
8日は広島県小学生空手道選手権が行われるので最終調整の稽古になった。
続く15日は大竹にて大竹招魂祭空手道大会もあります。
試合の為の稽古ではありませんが、試合や昇級試験は日頃の稽古の成果を確認する意味である意味重要です。
大洋、大斗とも他の道場で刺激を受けて動きも何処となく良い様に感じました。
どの道場でも同じですが小手先の技術は役に立ちません。足、腰、腕、拳へと力が伝わるよな動きが要求されます。
昔から拳で付くのでなく腕で突けとはこの事です。
 

3月29日円武会空手稽古

 投稿者:島田  投稿日:2012年 4月 3日(火)11時54分27秒
返信・引用
  3月29日佐伯区スポーツセンターに(17時~19時)円武会空手稽古
大洋、大斗兄弟の稽古を木曜日に行っているが稽古の量を上げることにより比例して少しずつではあるが成長しているようです。
木曜日は少人数なので形稽古を主体に行い、月曜日、土曜日に組手稽古に力を入れていく予定です。
3月31日大野道場での稽古はライバルが沢山いる関係で大洋、大斗も動きが良くなっています。特に組手試合においては大斗の上段突きはポイントにはならなかったが良いタイミングで入っていました。(引きが甘い為ポイントにならなかった。)大洋は中学生と試合しても2ポイントあげるなどスピードも付きつつあります。徐々に涼平に近づいています。
 

3月28日円武会空手稽古

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月30日(金)16時48分25秒
返信・引用
  3月28日円武会廿日市中央公民館空手道場
祐成、綾那にとっては最後の広島での稽古になりました。
去年の9月入会して約6ヶ月ですが厳しい稽古に良くついてきてきてくれました。
3月には試合も出場してよい経験になった事でしょう。
大阪に転校しても空手を続けるようようなので頑張ってください。
空手は一生のものです。身体の健康のため、護身の為、養神のため空手稽古は役に立ってくれると信じています。
当日は私が大阪出張のため19時30分からの稽古を予定していましたが子供たちは予定よりはやく来て皆で形の稽古に取り組んでいたようです。
稽古はやらされるのでなく自分で求めるようになれば立派なものです。
厳しさの中にしか掴めないものもあります。その厳しさを楽しさにかえられるひとが努力という天才です。

さて、稽古内容ですが、祐成、綾那は形もなかなか良くなってきています。
大斗も少しずつ良くなってきていますが、まだ緑帯まで到達できていません。
稽古は習、練、工の三磨を心がけねばなりません。
学ぶには真似ることからはじめなければなりません。
一方大洋は自信が付いてきたのは良いことですがここで満足してはいけません。
自分が努力して先に進んでいるつもりでも相手も同じように努力しているのが普通です。
 

3月26日円武会空手稽古

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月27日(火)16時37分13秒
返信・引用
  3月22日円武会廿日市スポーツセンター道場稽古
昼間暖かかった気温も夜になり少し冷え込んで、冬に逆戻りしそうな天候でしたが皆元気に稽古に参加してきました。
入会希望者も参加しての稽古であった事と、突きのときの引き手の形が出来ていないものもあり移動稽古を少なめにしてその場突きと蹴りを練習させた。
移動稽古は足腰を鍛えるにはもってこいだが移動の難しさが突き手の形まで意識して直せない傾向があったので、これはこれとして意義があったと思います。
さて、白帯と緑帯は平安2段初段、初段を中心に打たせてみましたが今回は皆大変勢いがあってよかったと思います。
茶帯は平安初段~5段、クーシャンクー、ジオン、ワンシュウ、チントウと一通り出来る形をうってもらいました。
目立ったのが大智の形で手先で形を打つ傾向があるため小さく固まってしまいます。茶帯や黒帯初段ぐらいまでは大きく身体を使って形を打つことが必要です。
高段者になれば逆にそこから不要な動きを削って小さくする必要があります。
達也はチントウが大分身についてきています。
大洋はワンシュウの前後、左右、上下と軽快で俊敏な身体使いが必要です。
後半の飛び上がって転換猫足立ち手刀受けは形になりつつあります。
あとは形の強弱そして極めるところをもっと表現しなければなりません
 

3月22日円武会稽古

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月26日(月)11時03分43秒
返信・引用
  3月22日佐伯区スポーツセンター道場稽古
久しぶりに道場全体を使うことが出来たのでランニングを取り入れた急激な転換すり足踏み込みを稽古した。組手で相手の予測を上回る侵入速さを練習するもので会得すると実戦でも使えるものです。
大斗は基本や形(ピンアン2段)においては努力の跡が見えます。但し、ピンアン4段は一人よがり(自分では良いと思っているが他人からみれば出鱈目)がでます。
大洋はライバルと組手をすればスピードも負けないようになってきていますが大斗とするといけません。正確さに欠けるばかりか防御も気を抜くところがでます。
自信と独りよがりは紙一重です。
23日土曜日ライバルが多く集まる大野道場の稽古は涼平、達也に負けてはいません。
兄弟同士は意識しなくても馴れ合いが出るようでこの点は厳重に注意いたします。
 

3月19日円武会空手日誌

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月21日(水)17時27分55秒
返信・引用
  3月19日円武会廿日市スポーツセンター道場稽古日誌
当日は長谷君が新部員として稽古に参加した。
以前志空館大野道場にて黄色帯を授かっていますので9~8級とでしょうが、円武会では白帯からスタートの気持ちで取り組んでほしいものです。
さて、秀聡とですがここのところ低い姿勢で取り込もうとしている姿が見られます。また、由揮も同様で兎に角身体全体で突きや蹴りの基本を稽古することが一番の成長につながります。
久しぶりに大阪から武久先生も駆けつけて稽古に参加してもらいましたが秀聡や由揮が成長したのに驚いていたようです。
ここのところ大斗にも成長の兆しがあります。1年後には大洋のライバルになるぐらい頑張ってほしいものです。第一段階の大智まで成長するにあと何ヶ月かかるのだろか?本人次第だと思います。
大洋は次の段階に張っておりますので現状でとどまることは出来ません。
4月からは涼平、達也、国定、長谷川とライバルだらけになりますので更なる努力が必要です。気を抜かぬように!
 

3月15日円武会空手稽古

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月16日(金)15時07分5秒
返信・引用
  3月15日17時~19時佐伯区スポーツセンター道場稽古
当日は気温も緩み稽古日和であった。
今からは益々稽古には良い日にちが続きます。
大洋は4月8日の全小の大会があるので試合が終わったといえど気を抜くことは出来ません。前回かいから、練習内容で敏捷性とお手玉を投げることによる伸筋の強化を目的にしたお手玉の当てあいの試合形式を取り入れいます。
子供にとってゲーム性があり楽しい練習のようです。
遊びにならないように審判をしっかり付けてポイントを正確に取ることにより試合感も養われますので水曜日に行うこととします。
稽古は何時もの通り組手補助稽古、移動基本稽古、形稽古、組手稽古とそれぞれ30分を目処に教えていますが各練習の間に5分休憩を入れますので組手補助の稽古は15分しか出来ません。
大斗もピンアン2段から3段、初段と少しすすめています。
素直に努力しようとしていますので何時の日かものになるでしょう。
大洋は涼平、達也、拓弥、大智、和則、玖波の国定などのライバルが集まる土曜日大野道場で組手の感をより高めていきます。
ライバルは切磋琢磨して伸びていかねばなりません。
 

3月12日円武会稽古日誌

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月13日(火)19時01分5秒
返信・引用
  3月12日19時から21時円武会廿日市スポーツセンター道場の稽古を行った。
何時ものとおり大野道場から三宅達也、大智兄弟が参加しての稽古となった。
昨日試合が終わったばかりなので白帯達も目つきを変えて稽古していたのが印象的だった。特に秀聡と由揮にその傾向があり姿勢を低くしょうとする気持ちは伝わってきました。また、大斗も少しずつ改善されてきているのが良く分かります。
達也と大洋はお互いよきライバルになっております。あとは本人達の努力、練習量と練習に取り組む気持ちで差が出るでしょう。兎に角大智も含めて涼平を倒さねば万年2位以下になります。一回戦で当たれば初戦敗退もあるわけです。
4月からは涼平、達也、大洋が三つ巴です。今は頭2つ涼平が出ています。
 

大竹市空手道大会円武会参加

 投稿者:島田  投稿日:2012年 3月13日(火)18時45分48秒
返信・引用
  大竹市総合体育館落成記念市民空手道大会が3月11日9時から開催された。
当日は寒さがぶりかえした一日でしたが150名の中学生以下少年、少女の選手によって争われた。
円武会からは16名の選手を送り出した。
円武会の試合の結果は次の通りです。
小学校1、2年組手の部 優勝 原田 奈於
小学生3,4年組手の部 優勝 三井 涼平
小学生3,4年組手の部 準優勝 武田 和則
小学生3,4年形の部 優勝 三井 涼平
小学生3,4年形の部準優勝 武田 和則
小学生5、6年形の部 優勝 三宅 達也
小学生5、6年組手の部 準優勝 三宅 達也
小学生5、6年組手の部 3位  西村 大洋
小学生5、6年組手の部 3位  原田 拓弥
中学生は円武会欠場
今回白帯やセントラルスポーツ道場は初出場ですから試合の経験をさせ4月の大会には結果を出してもらいたいと思います。
試合全体としては、小学生3,4年の部では同じ円武会同士の三井と武田のつぶしあいになり5,6年では三宅 達也と西村大洋のつぶしあいになった。
但し、組手において玖波道場の長谷川君に大洋、達也が敗れる波乱があった。
同じ円武会同士なら仕方ないが他の支部に負けることは許されません。
練習量で差をつけるよう奮起を期待します。
 

レンタル掲示板
/3